スポンサーサイト

2018.06.17 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    人形バカと言われても突き進む

    2009.08.14 Friday

    0
      評価:
      木村 秋則
      日本経済新聞出版社
      ¥ 893
      (2009-05-09)
      コメント:木村さんのように突き進みたいです。

        人形とは直接関係ない本なのですが、大変面白かったので、紹介します。

       人形を作ろうと決めてから、「あー、私はこんなにまでして、なぜ人形作っているのでしょう…」ってふと素面になって考えた事が何度もあります。

       粘土で部屋中汚して、作りかけの人形が靴箱にゴロゴロ。ヤスリ掛けすれば部屋が真っ白い粉で覆われる…。作りたい人形を具現化する事が出来ずに没の顔がいっぱい。

       ビスクを習い始めてからは、窯を買うために節約&貯金。レッスン代のためにおかずがどんどん粗食化して行って…。家族に申し訳ないと思いながらも毎月幾ら使った事か。

       それにプラスして、材料を見ると買い込み、資料をネットで見つけると注文し…。
      全く収入にならないのに、つぎ込むエネルギーとお金の大きさに怖くなる事もしばしばでした。
      「私って、バカなのかも??」と小さな声でつぶやいた事も一度や二度ではありません。

      しかし、鈴木さんに比べれば、私のバカ度なんて、どうってことなかったです。

       やっぱり何かに取り付かれたように熱中するのって大事なのかも。答えは人形に聞けってことですかね。
       まだまだ人形バカ度が全く足りませんでした。もっとのめり込んでバカみたいに手を動かさなくてはと思います。

      自分の熱中が怖くなる人全てに捧げたい本です。バカになりきった人にしか見えない世界を見た人がここにいます。

      スポンサーサイト

      2018.06.17 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL